ケアマネージャーとは

ケアマネージャー転職TOP >> ケアマネージャー転職の基礎 >> ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、介護が必要な人に対して、どんな介護を受けることができるかというケアプランを作成して提案するというお仕事で、介護業界では欠かすことができない大切な役割を持っています。ケアマネージャーは介護に関する専門的な知識を持つスペシャリストという立場で働きますが、働きたい人なら誰でも求人募集に対して応募できるというわけではありません。ケアマネージャーとして働くためには、介護支援専門員という資格が必要となります。この資格は2000年に誕生した公的資格で、資格取得には筆記試験に合格することに加えて、保険や福祉、医療の現場で実務経験を持っていることが条件となっています。

ケアマネージャーは、介護施設や老人ホーム、在宅で介護支援が必要な高齢者に対して、これまでの課題を分析したり、どのようなサービスを受けることができるのかという点を結び付け、ケアプランと呼ばれる介護サービス計画を作成します。このケアプランでは、どのような介護サービスをどのぐらい利用できるかという具体的なプランがかかれているのですが、利用者の要介護度によって毎月どんなサービスがどのぐらい利用できるかという上限が設定されているため、ケースバイケースで要介護者の状態や家族の事情などを配慮しながら作成しなければいけません。

型通りのテンプレートに利用者を当てはめていくだけではないため、要介護者や家族とのコミュニケーションを取りながら事情を客観的に把握できる理解力やコミュ力、そして、それを法で上限が決められているケアプランにどのように当てはめていくのかを考えるスキルなどが必要となります。また、同じ要介護度の利用者でも、その人や家族ごとにどんなサービスを受けたいのかが異なるため、利用者を主体に考えられる資質もまた、ケアマネージャーとして働く人に求められるスキルと言えるでしょう。

ケアマネージャーがケアプランを作成する際にはまず、家族や要介護者からヒアリングを行い、事情を把握したり利用者や家族の希望などを聞き取っていきます。そうした情報をもとにケアプランを作成し、利用者本人とその家族、介護施設におけるサービス担当者が一堂に会してサービス担当者会議を開催します。ここでは、より具体的な介護サービスについての説明や、回数や頻度などについての確認作業が行われます。その後、要介護者はケアプランに基づいて介護サービスを受けることになりますが、ケアプランはその人の状態や家族の事情などによって常にフレキシブルに対応しなければいけないため、ケアマネージャーは自分が担当した要介護者の状態については、常に把握することが求められています。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.