ケアマネージャーの適性(向き・不向き)

ケアマネージャー転職TOP >> ケアマネージャー転職の基礎 >> ケアマネージャーの適性(向き・不向き)

ケアマネージャーの適性(向き・不向き)

ケアマネージャーの資格を取得するためには、資格取得のための試験を受ける前に5年間の実務経験が必要となります。そのため、医療業界や福祉業界で働いていない人にとっては、まずは転職をして実務経験を積んだうえでケアマネージャーの試験を受験しなければならず、かなり遠い道のりになってしまいますよね。そこまでして資格を取得したとしても、自分の性格や資質によってはケアマネージャーに向いていないということはあります。どんな人がケアマネージャーとして向いているのかは、資格を取得する前に確認しておきましょう。

まず、ケアマネージャーのお仕事は、介護が必要な高齢者及びその家族とのコミュニケーションがとても大切です。お年寄りとコミュニケーションをとって信頼してもらうためには、相手に安心感を与えなければいけません。コミュニケーションスキルや対人スキル等は、ケアマネージャーとして働く際には必要不可欠なスキルと言えるでしょう。知らない人とでもすぐに打ち解けて話ができる人や、高齢者と話をする事が大好きな人などは、ケアマネージャーの仕事に向いているのではないでしょうか。逆に、人見知りで他人と会話をするのが苦手という人は、ケアマネージャーの仕事は精神的なストレスが大きくなってしまうかもしれませんね。

また、ケアマネージャーは要介護者のためにケアプランを作成しますが、介護はどの要介護者およびその家族にとってもとてもプライベートなもので、どちらも納得できるケアプランを作成することは簡単ではありません。また、決められた型にはめることができる家庭は少なく、それぞれの家庭ごとにケースバイケースで対応しなければいけないため、どんな事態にもフレキシブルに対応できる冷静さは、ケアマネージャーに必要不可欠な適正と言えるでしょう。しっかり準備することはできても、万が一の事態でパニックに陥ってしまうような人は、ケアマネージャーとして働くことは難しいかもしれませんね。

こうした適正は、生まれ持っての性格によって大きく影響される部分もあれば、仕事をする中で身に着けることができるスキルという部分もあります。そのため、もしも自分が人見知りで他人と話をする事が苦手だとしても、職務をこなす中で少しずつ慣れることが多いので、最初はストレスでも慣れていけばストレスに感じなくなるものです。また、冷静さや安心感も仕事をこなす中でスキルアップができるので、ケアマネージャーになりたいという人はぜひチャレンジしてみると良いでしょう。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.