ケアマネージャーの転職と面接

ケアマネージャー転職TOP >> ケアマネージャー転職の基礎 >> ケアマネージャーの転職と面接

ケアマネージャーの転職と面接

ケアマネージャーとして転職する際には、履歴書と職務経歴書による書類選考の後、面接が行われます。面接で聞かれる質問はケアマネージャーに限らずどの転職でもそれほど変わることはないため、質問されてモジモジしてしまうことがないように、事前にきちんと答えを準備しておきましょう。よく聞かれる質問の中でも必ず聞かれるものは、「どうして前の職場をやめたのか?」という退職理由ですね。転職することは決して悪いことではありませんし、経験レベルやスキルレベルに関わらず、毎年たくさんの人が転職をしていますが、退職理由は千差万別です。高齢者に介護サービスを提供するケアプランを作成したり、高齢者やその家族とコミュニケーションを取りながら仕事をするケアマネージャーのお仕事は、安定感や信頼感などがとても大切になるため、ふらふらとした気持ちの人は敬遠されがちです。また、対人スキルやコミュニケーションスキルに問題があるとみられても敬遠されてしまうため、退職理由によっては不採用になりかねません。気を付けましょう。

前職を退職した理由については、人間関係でトラブルだったり、給料が安いのに激務だったり、いろいろあるでしょう。しかし、正直な退職理由を告げる必要はありません。もしも退職理由が本当の所はネガティブなものだったとしても、面接では「〇〇などの仕事に取り組んでみたかったので」などポジティブなものでなければいけません。「ケアマネージャーとしての経験値やスキルをアップしてキャリアにつなげたいと思ったので」などは、よくある退職理由ですが、ネガティブなものではないので面接官にマイナスのイメージを与えてしまうことは少ないでしょう。

面接でよく聞かれる質問には、「どうして当社を選んだのですか?」というものがあります。ケアマネージャーとして働ける職場は他にもたくさんあるのに、なぜここなのか、という点を面接官は知りたいわけです。もしも他の福祉施設とその施設との明確な違いを述べることができれば100点満点なのかもしれませんが、多くの求職者は少しでも自分が採用されやすい職場を探して応募しているため、どうしてここなのかと聞かれても、返答に困ってしまうかもしれませんね。そんな時には、自分の経験やスキルをもっと高めたかったから、など職場のことではなく自分のことについて述べると良いでしょう。面接官もその辺は理解しているので、「スキルをアップするなら他の施設でもいいわけですよね?」なんて食い下がってくることはありません。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.