ケアマネージャーのメリット・デメリット

ケアマネージャー転職TOP >> ケアマネージャー転職の基礎 >> ケアマネージャーのメリット・デメリット

ケアマネージャーのメリット・デメリット

ケアマネージャーのメリットはたくさんあります。1つ目のメリットは、全国的に求人があり、しかも高齢化社会が進む中ではこれからニーズがどんどん高まっていくお仕事という点です。仕事によっては、求人が出されるエリアが都市部に限定されていたりしますが、ケアマネージャーの場合には全国各地にたくさんの介護施設がありますし、在宅介護が一般的な地域でもケアマネージャーのニーズはあります。そのため、全国どこに住んでも働けるお仕事なのです。

2つ目のメリットは、大きなやりがいを感じられる仕事という点です。地域密着型の介護施設で働くことが多いケアマネージャーは、毎日の職務の中で社会から必要とされているという実感を持つことができます。また、自分が作成したケアプランが要介護者や家族を幸せにしていると実感できるので、大きなやりがいや満足感を得ることもできます。

3つ目のメリットは、キャリアアップできるお仕事という点です。施設で働きながら経験やスキルを積めば、主任ケアマネージャーとして働くこともできますし、将来的には独立開業することも夢ではありません。近年では在宅での最期を希望する高齢者が増えているため、今後ますます居宅ケアマネージャーのニーズが増えると予想されています。

ケアマネージャーのデメリットは、職場によっては夜勤があって不規則な生活になってしまうという点ですね。勤務時間が不規則になると、体調管理が難しくなり、眠ったはずなのに疲れが取れなかったり、一日中ぼーっとしてしまいやすくなります。頭痛や気分がすぐれないなど慢性的な症状が起こりやすいですし、職場のストレスと重なって鬱にもなりやすいため、不規則な生活をする事は大きなデメリットと言えます。

また、ケアマネージャーをしている人の多くは、介護士や看護師など他の資格も持っていて、基本的には介護士や看護師として働きながら、ニーズに応じてケアマネージャーの職務もこなすというスタンスで働いています。そのため、場合によっては多忙を極めることになる点はデメリットと言えます。昼間は看護師として働きながら、ニーズが発生した時にケアプランを作成するとなると、空いた時間を利用してケアプランを作らなければいけないわけですが、なかなか職務中に空いた時間が発生することは少なく、残業してケアプランに対応しなければいけないことは多いですね。仕事をかけ持っていると、そうした予期せぬ多忙がやってくる点は、ケアマネージャーのデメリットと言えるでしょう。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.