ケアマネージャーの転職と志望動機

ケアマネージャー転職TOP >> ケアマネージャー転職の基礎 >> ケアマネージャーの転職と志望動機

ケアマネージャーの転職と志望動機

ケアマネージャーとして転職を希望する人は、誰でも志望動機があります。その中には、お給料が現在の職場よりも良いから、という現実的な動機もあれば、夜勤がない職場だから、といった動機もあるでしょう。しかし転職の際には、心の中の正直な動機を面接官に伝えることが、必ずしもベストな結果につながるとは限りません。面接官にとっては、なぜ他の職場ではなくここで働きたいのか、という点を知りたいわけですから、もしも面接の際に「お給料が以前の職場よりも良いので、応募しました」と言ってしまうと、「それではうちよりももっとお給料が良い所を見つけたら、また転職するのですか?」と意地悪な切り返しをされてしまうかもしれません。

ケアマネージャーの志望動機は、自分の都合を述べるのではなく、ケアマネージャーという仕事に対してどんなふうに取り組んでいきたいのか、という点を具体的に述べるのがおすすめです。もちろん、どの職場でもケアマネージャーの役割りや職務は類似しているので、どんなふうに働きたいのかという志望動機がその職場だけに適用されるというわけではありません。しかし、志望動機を聞かれたら、自分がケアマネージャーとしてどんなふうに働きたいのか、その意欲を伝える絶好のチャンスだと考えて、自己アピールの場に変えてしまいましょう。理論ばかりを並べる求職者よりは、やる気やエネルギーを感じられる求職者の方が、面接では面接官に好印象を与えることができます。ケアマネージャーの仕事も、自分のやる気とモチベーションをいかに伝えるかによって、どれだけ採用に近づけるかが変わってきます。

ケアマネージャーの転職において、志望動機は面接官に口頭で伝える前に、履歴書にも記載します。履歴書のスペースは限られているので、その枠の中にできるだけ具体的かつ簡潔に記入する必要がありますが、言葉選びや内容を考えることは、転職者のスキルが現れると考え、真剣勝負で臨みたいですね。福祉業界で働く人にとっては、ケアマネージャーは憧れの職種であることが多く、憧れていた職業で働きたいという志望動機で転職を希望する人がたくさんいます。しかし、志望動機に「子供のころからケアマネージャーになることを憧れていました」と記入しても、面接官には好印象を与えることができません。また、「難易度の高い資格なのでケアマネージャーになろうと思いました」というのもNGです。志望動機は、今後どんな風に働きたいからケアマネージャーとして転職したいと考えたのか、という点に絞ったほうが良いでしょう。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.