ケアマネージャーの転職と履歴書

ケアマネージャー転職TOP >> ケアマネージャー転職の基礎 >> ケアマネージャーの転職と履歴書

ケアマネージャーの転職と履歴書

ケアマネージャーとして転職する際には、求人募集に対して応募し、まず最初に書類選考を受けることになります。書類選考というのは、応募する際に提出する履歴書や職務経歴書によって審査を受けるということで、面接試験を受けるためにはまず最初に履歴書による書類審査にパスしなければいけません。業界によっては、他人とは違う履歴書を提出したほうが面接官に強く自分を印象付けられることが多いのですが、ケアマネージャーの場合には、そうした斬新でクリエイティブな履歴書は敬遠される傾向にあるため、きちんとした履歴書のテンプレートを使うことが必要です。このお仕事は、高齢者の方とコミュニケーションを取りながら介護サービスのプランを立てたりサービスの提案をするお仕事で、安心感や信頼がとても大切なため、あまりクリエイティブな履歴書を作ってしまうと、それだけで不採用になってしまうリスクがあります。どんなにケアマネージャーとしてのスキルが合っても、それではもったいないですよね。気を付けましょう。

ケアマネージャーの履歴書の書き方ですが、記入ミスや記入漏れには十分注意しましょう。履歴書を手書きする際には、黒のインクを使い、書き間違えたら修正液などは使わず、もう一枚書き直さなければいけません。近年では履歴書をパソコンで作り、最後にプリントアウトするだけの簡単な方法もありますが、その場合でも氏名と住所ぐらいは手書きで記入するようにしたいものです。面接官が履歴書を見る際には、書かれている内容だけでなく、筆跡などもチェックしています。達筆である必要はありませんが、できるだけ丁寧な文字を心がけたほうが良いですね。

履歴書を書く際に多くの人が悩む項目は、特技や趣味の項目です。仕事と直接関係がなさそうにも見えるこれらの項目は、実は求職者の人柄や性格を知ることができる大切な項目です。そのため、空欄にするのはもってのほか、「特になし」なんていうのもNGです。どんな人でも得意なことや好きなことはあるわけですから、無趣味な人でも何か探してきちんと記入するようにしましょう。もしも仕事が趣味という人なら、「まだ駆け出しですが、仕事が趣味と言えるように頑張りたいです」というのもアリかもしれませんね。また、趣味は漠然としたものではなく、一歩踏み込んで少し具体的なものを選んだほうが、面接官に強いイメージを残すことができます。例えば「映画鑑賞」が趣味なら「アクション映画を見て手に汗握ること」などはいかがでしょうか。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.