ケアマネージャーの資格取得方法

ケアマネージャー転職TOP >> ケアマネージャー転職の基礎 >> ケアマネージャーの資格取得方法

ケアマネージャーの資格取得方法

ケアマネージャーとして働くには、介護支援専門員実務研修受講試験という試験を受けて合格することが必要となります。誰でも自由に受験ができるというわけではなく、受験資格を得るためには、医療や保険、福祉業界において国家資格を持っている人が5年以上の実務経験を積んだ場合、また生活相談員などの相談業務で5年以上の実務経験がある場合、そして老人ホームや在宅介護サービスなど介護業界で、5年〜10年の実務経験を持っている人のみが対象となります。つまり、現在サラリーマンとして働いている人が転職してケアマネージャーになりたい場合には、まずは実務経験を積んだうえで資格取得のための受験をしなければいけないことになります。すでに医療や介護、保険の業界で実務経験がある人なら、受験資格をクリアするのはそれほど難しくはないため、スキルアップやキャリアアップとしてケアマネージャーを目指す人は多いですね。

ケアマネージャーは公的資格で、試験は各都道府県が毎年10月に実施します。受験に関する管理や運営は各都道府県が行いますが、試験内容は全国共通で、試験が行われる日時も全国で同じなので、都道府県によって合格しやすいとか難しいという差は一切ありません。試験は毎年10月に開催されますが、申込期間は7月と早く、申込みをした後で受験資格や素質などについての審査が行われることになります。そして、審査に通った人だけが10月の試験を受験できます。試験の合否発表は12月にありますが、合格発表から1年以内に32時間以上の実務研修を受講しなければ、資格を取得できないという何段階ものハードルが設けられています。試験に合格したらすぐに資格取得というわけではない点が、ケアマネージャーの資格取得でややこしい部分と言えるのではないでしょうか。

現在、医療や福祉、保険業界で働いている人なら、現在のお仕事がケアマネージャーの受験資格に必要な実務経験にカウントされているかもしれません。その場合には、受験資格となる実務経験5年以上を満たせば、ケアマネージャーの試験に申し込んで受験できます。しかし、現在のお仕事は医療や福祉、保険とは関係ない業界で働いている場合には、残念ながらケアマネージャーとして働くためには、まずこれらの業界へ転職をして実務経験5年という受験資格を得たうえでの受験が必要となります。最低でも5年間の年月がかかるので、かなり長期戦となりますから、根気よく頑張りたいですね。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.