ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャー転職TOP >> ケアマネージャー転職の基礎 >> ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの仕事はたくさんあります。まず1つ目は、要介護者が置かれている状況や課題を客観的に分析するとともに、どんな介護サービスが必要なのか、そのニーズを把握するという作業です。一般的には、要介護者およびその家族からの相談を受けてヒアリングを行うことになりますが、これまでのライフスタイル、これからどんな風に生活していきたいのか、家族との関係や家族がどこまで係ることができるかという点もケアマネージャーは把握しなければいけません。こうしたヒアリングをした上で、その要介護者に必要な介護サービスを提供するためのケアプランを作ることが、ケアマネージャーのメインの仕事内容となります。

ケアプランは介護サービス計画が具体的に記されているもので、利用者の要介護度合いに合わせて月にどんなサービスをどのぐらい利用できるのかが決められています。要介護度合いによって利用できるサービスや、利用できる回数などは法律で制限がついているため、その兼ね合いも考えながら、要介護者にとってベストなケアプランを作成しなければいけません。また、利用者や家族の中には、特定の施設を利用したいとか、特定のサービス業者を希望することがあるため、業者とも連絡を取りながらケアプランの作成をする事になります。

ケアプランを作成したらケアマネージャーのお仕事はそこで終わりというわけではありません。ケアプランを作成したら、それを利用者本人、家族、サービスを提供する担当者が一堂に会してサービス担当者会議を行うことになります。この会議は、初めて介護サービスを利用する時には必ず開催されますが、その他にも要介護の度合いが変わったり、家族からのリクエストがあれば、いつでも開催することができます。要介護者および家族、そしてサービス提供担当者が納得したら、いよいよ介護サービスが開始されますが、サービスが開始された後でもケアマネージャーは、常に要介護者の状態を観察して、そのサービスや要介護者のニーズを満たしているのかを確認していくことが必要です。

ケアマネージャーの仕事は、介護サービスを利用したい高齢者や家族に対して、必要な情報を提供したり、要介護度合いに応じて適切な介護サービスを提案することが主な仕事です。それぞれの家庭ごとに予算や事情が異なるため、要介護者の気持ちに寄り添って、本当に必要なサービスを提供することが、良いケアマネージャーになるための秘訣と言えるでしょう。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.