介護老人福祉施設のケアマネージャー求人

ケアマネージャー転職TOP >> 条件別のケアマネージャー求人 >> 介護老人福祉施設

介護老人福祉施設のケアマネージャー求人

介護老人福祉施設で働くケアマネージャーはたくさんいます。これは、介護老人福祉施設では施設の規模に応じて一定人数以上のケアマネージャーを配置しなければいけないと法律によって定められているためで、入所している利用者100人に対して1人以上のケアマネージャーが常駐しなければいけないというルールになっているのです。そのため、何人のケアマネージャーが常駐しているのかは、その施設の規模を見るとおおむね予測できると言っても過言ではありません。もしもケアマネージャーの資格を取得したばかりで、施設に自分1人しかケアマネージャーがいないのは不安という人なら、規模が大きめの施設を選べば、そこには先輩ケアマネージャーがいるので、わからないことは質問しながら働けるのではないでしょうか。また、ある程度の経験を持っているケアマネージャーなら、自分1人しかケアマネージャーが常駐していない施設でも、不安な要素はなくのびのびと働きやすいかもしれませんね。

介護老人福祉施設には、介護老人保健施設や介護老人福祉施設、介護療養型医療施設などがあります。これらはすべて、施設内に入所者が生活しているため、働くスタッフは週末勤務や夜勤を行うことになります。ケアマネージャーの場合には、施設ごとに夜勤を課す所もあれば自宅でオンコール待機とするところもあり、対応は異なりますが、夜勤の場合には不規則な勤務時間となるために健康管理が難しくなったり、オンコールの場合には自宅で夜を過ごせるというメリットはあっても、オンコールだといつ何が起こるか分からないということで安心して眠れないなど、昼間のみの勤務で働ける職場と比べると、精神的にハードな職場が多くなります。

しかし、こうした施設で夜勤や週末勤務、オンコールに対応するお仕事は、必ずしもマイナスな部分だけではありません。夜勤やオンコールをすれば、そのたびに手当が支給されるので、お給料アップにつながります。夜勤と言ってもケアマネージャーの場合には、一睡もできないほど多忙を極める夜勤になることはほとんどなく、基本的には待機という状態になるため、ケアプランを作成するなど仕事を片付けるための時間として使えますし、仮眠をとることも認められています。また、電話がかかってきたり来客があることも夜間はほとんどないので、集中して仕事ができると夜勤を好むケアマネージャーは少なくありません。夜勤をどのように考えるかは、その人次第なのかもしれませんね。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.