居宅介護支援事業所のケアマネージャー求人

ケアマネージャー転職TOP >> 条件別のケアマネージャー求人 >> 居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所のケアマネージャー求人

ケアマネージャーの職場には、居宅介護支援事業所というものがあります。これは、在宅で生活しながら介護サービスを受けたいという高齢者に対して、どんなサービスを受けられるのか、その高齢者の要介護度合いと照らし合わせながら適切なサービスを提案するというのが仕事となります。居宅介護支援事業所では、実際に介護サービスを行うわけではなく、ケアマネージャーが主にケアプランの作成を行い、必要なサービスを提供する業者と要介護者をつなぎ合わせる役割を担っているという特徴があります。

居宅介護支援事業所で働くケアマネージャーの主なお仕事は、在宅介護における質問や相談の窓口となったり、要介護者の認定に関する法的な手続きを行ったり、またデイサービスや訪問介護サービスなどを提案したり、業者を紹介するという調整業務などがあります。基本的にはこうした手続きはすべて平日の昼間に行っているため、居宅介護支援事業所で働くお仕事は、夜勤や週末勤務はナシの職場がほとんどです。家庭や育児と仕事を両立させたい人にとっては理想的な勤務時間で働くことができますし、残業なども殆んどないため、子供を保育園に迎えに行かなければいけない人にとっても働きやすい勤務時間ではないでしょうか。

ただし、居宅介護支援事業所で働くことは、週末勤務もなければ夜勤、オンコールもなく、残業も殆んどないため、お給料の面では最初に契約する基本給となることが多く、ケアマネージャーで高収入を稼ぎたいという人にとっては理想的ではないかもしれません。もちろん、職場によって交通費や食事手当、資格手当などが支給されることはありますが、残業などで収入アップをしたいという人にとっては、思うほど収入アップはできないとあらかじめ理解しておいた方が良いですね。

居宅介護支援事業所では、一人のケアマネージャーが担当できる利用者は35人までと法律によって制限されています。そのため、その数を超えた利用者を一人のケアマネージャーが担当することはできませんし、事業所によって複数人のケアマネージャーが常駐しているのはそのためです。また、それぞれの利用者は一人のケアマネージャーが専任することが一般的で、複数のケアマネージャーが1人の利用者を同時に担当することはありません。専任することで、利用者の要介護度合いや症状をより把握しやすくなりますし、何回も顔を合わせてコミュニケーションをとることによって、人間関係を築きやすくなるというメリットも期待できるでしょう。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.