夜勤なしのケアマネージャー求人

ケアマネージャー転職TOP >> 条件別のケアマネージャー求人 >> 夜勤なし

夜勤なしのケアマネージャー求人

ケアマネージャーが活躍している職場にはいろいろな所がありますが、夜勤なしのお仕事を見つけることも可能です。家庭や育児と仕事を両立したい人にとっては、夜勤で働くと勤務時間が不規則になってしまうため、両立が難しくなってしまいます。また、夜勤をして生活が不規則になると健康管理が難しくなり、体調を崩しやすくなってしまうため、できれば夜勤がない職場で働きたいという人は少なくありません。そのため、夜勤がないケアマネージャーの求人が出ると、たくさんの人が応募するので大激戦になることが多いですね。

夜勤がないケアマネージャーのお仕事は、比較的見つけることは難しくありません。訪問介護ステーションなどは、基本的に利用者宅を訪問してサービスを提供するのは平日の昼間のみなので、夜勤は一切ありません。また、在宅で介護サービスを利用したいという高齢者をサポートする居宅介護支援事業所なども、基本的には夜勤はない職場となっています。

それではどのような職場だと、夜勤があるのでしょうか。それは、高齢者が入居者として夜間をその施設で過ごす介護施設などです。ケアマネージャーが常駐する介護施設には、介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設などがありますが、それらは施設内で入居者が生活をしているため、働くスタッフもシフト勤務で夜勤を伴うことになります。施設によっては、ケアマネージャーに限っては夜勤をしてケアプランを作成するというわけではないため、ケアマネージャーだけは平日の昼間のみの勤務時間で働けるところもありますが、オンコール制度ではなく夜勤というシステムと採用している施設だと、ケアマネージャーも万が一の事態に備えて夜勤をする事になります。介護施設の場合には、夜勤があるかどうかはその施設次第ということになります。

介護施設からの求人を見ると、夜勤がないお仕事ならセールスポイントとして「夜勤なし」と明記されているものが多いものです。記載されていない場合には、夜勤を伴う可能性があるということで、面接の際に確認することをおすすめします。もしも夜勤を伴う場合には、その頻度についてもチェックしておいた方が安心ですね。基本的に介護職や看護職とお仕事を兼ねているわけではない専従のケアマネージャーなら、夜勤と言ってもすることはほとんどないため、ケアプランの作成をしたり仮眠をとって時間を過ごすことになります。一睡もできないほど多忙を極めるような夜勤はほとんどないので、その点は安心材料になるのではないでしょうか。

ケアマネージャーの転職エージェント人気ランキング



  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

Copyright (C) 2017-2018 ケアマネージャー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.